安心のオフショア開発パートナー 顧客の信頼を勝ち取るために コミュニケーション力強化の工夫

 「Mulodo Vietnam Co.,LTD.」は、2012年からホーチミン市でウェブサービス全般の開発業務を行っている会社だ。受託型からラボ型まで、顧客の需要に合わせてオフショア開発を行っている。日本と同等のスキル、スピード、コミュニケーションを持ちながらコストを抑えることができるベトナムでの開発の可能性と、同社の取り組みについてGeneral Directorの根本崇司氏に話を伺った。

オフショア先になぜベトナムを選んだのか
 近年オフショア開発先として注目を集めるベトナム。「Mulodo」もベトナムに可能性を感じ、ホーチミン市での事業展開を選択した。ベトナムを選んだ理由は大きく分けて3つあるという。第一は、ベトナムは国としてIT教育に力を入れており、IT人材が不足する日本と比べて、優秀な人材を集めやすいという理由だ。第二は、ベトナム人の仕事に対する姿勢が日本人に近いため、仕事を進める上でトラブルが少ないことや、責任の所在に関わらず、問題解決に積極的に取り組む姿勢が見られることで、日本人としては、一緒に仕事をする上でストレスが少ない国民性だということだ。第三は、日本とベトナムは国同士の結びつきが強く、親日的な国柄であるということ。距離的にも比較的近く、2時間の時差は日本との間の仕事にとても適しているという理由だ。

顧客とのコミュニケーションを重視し安心感を与える
 オフショア開発でいちばん気にかかるのは、外国人エンジニアとのコミュニケーションの問題だ。それを解決するため、「Mulodo Vietnam Co.,LTD.」では日本語専用のコミュニケーターを採用し、エンジニアとの分業化を図っている。同社のコミュニケーターは日本語能力が非常に高く、ITに関する専門知識を持ち合わせているため、顧客の要望や質問に即座に対応することが可能だ。一つのプロジェクトに対してコミュニケーター2人体制で対応するため、タイムラグがないのも顧客に安心感を与えている材料の一つだ。エンジニア出身のGeneral Directorの根本氏が、全体を統括していることも顧客の信頼を得る大きな要素の一つとなっている。

アプリケーション開発から運用までワンストップで提供
 日本の親会社「Mulodo」は、世界シェアトップの営業支援・CRM(顧客関係管理)ツールである「salesforce」のコンサルティングパートナー認定を受けており、アプリケーション開発から運用までワンストップで提供している。実際に開発を行うベトナムサイドでも、「salesforce社」の認定エンジニアが既に4名おり、今後も増員の予定だ。日本とベトナム、両サイドから優秀な認定エンジニアをプロジェクトにアサインできる体制を整えている。「Mulodo Vietnam Co.,LTD.」では、今後も顧客の側に立ち、受託型開発からラボ型開発まで、最適な方法を提案し、よりスピーディーに、柔軟に対応していける会社を目指している。安心かつ価格を抑えたオフショア開発パートナーとして、「「Mulodo Vietnam Co.,LTD.」に対する期待は今後ますます高まっていくだろう。

(文/森沢・写真/杉田)

■企業情報 
社名:Mulodo Vietnam CO.,LTD.
電話:08-3526-5061
住所:Room 203 DC Tower,111 D Ly Chinh Thang St, Ward 7, Dist 3, HCMC

URL:www.mulodo.com.vn/
〈事業内容〉ウェブサービス全般開発
〈設立年〉2012年
〈代表者名〉General Directorの根本崇司

Post in
335index_mulodo01

Related Nikkei Index

製造業界の要望に ワンストップで応える ねじのスーパーを目指して 大阪市に本社を置き、創業80年に及ぶねじ卸としての在庫の豊富さと、自社プレス工場をはじめ協力工場での
売上の8割を占める木製パレット 月1万台以上の出荷量を維持 木製パレットとダンボール製造、出張梱包の3つの事業を展開中。将来はバイオマス発電事業も ベトナ
成長するベトナム工業界 直接投資を呼び込み 展示会で世界とベトナムを結ぶ 2016年に10周年を迎えた「Reed Tradex Co., Ltd.」は、タイとベトナムを中心に
世界中に埋もれている才能をクリエイティブプラットフォームを通じてつなげ、感動を創造する  「PIXTA VIETNAM Co., Ltd」は、東京に本社を置く「ピクスタ株式会社」の海外開発