日本基準の製品とサービスをベトナムでも提供する業界のリーディングカンパニー

 「VINA-SANWA」は、ドア、シャッターなど「動く建材」を供給する「三和ホールティングス株式会社」のベトナム法人だ。世界24カ国に拠点を設けており、アジアでは33年前の香港進出を皮切りに、ベトナム、台湾、タイ他3カ国で事業展開している。「VINA-SANWA」General Director・床田智巳氏とGeneral Manager of HCM Office・大塚謙司氏に話を伺った。

日本基準に合わせた製品を提供する
 「VINA-SANWA」は、防火ドア、各種スチールドア、防火シャッター、各種シャッター、その他ドアやシャッターに関係する製品の製造から販売、取り付け、そして修理、メンテナンスまでを行っている。同社の製品は、工場や倉庫、オフィス、ホテル、ビル、病院、マンションなど幅広い分野の建物に取り付けられており、ベトナムでのこれまでの実績としては、「ノイバイ国際空港」、「タンソンニャット国際空港」、「米国大使館」、「イオンモール」、「タイムズスクエア」、「日航ホテル」などが挙げられる。2009年からハノイ郊外の「ホアラック・ハイテクパーク」にある工場で、豊富な経験を持つ日本人エンジニアの指導のもとで製造を行っており、日本基準を満たした材料で生産される製品は、ベトナムのハイエンドからミディアムハイ市場をターゲットとしている。

現場のニーズに対応するために
 ベトナムでの主力商品の一つ、「クイックセーバー」は、高気密化による防虫・防塵対策がなされた高速シートシャッターだ。工場、倉庫、物流センターの開口部、特に医薬品工場や精密機器工場などの通用口に適している。通常のシャッターに比べて開閉速度が速く、センサーによって障害物を感知するため、作業車などの出入りにも迅速に対応し作業の効率化が図れる。ベトナムの気候環境に合わせ、強風時にも対応できる、たわみの少ないシートや、レールとの摩擦が少ないローラー軸付きパイプを使用している。このように現場の状況を踏まえ、ベトナムで設計から製造、取り付けまでを行うため、ニーズに合致したものを提供できることが「VINA-SANWA」の強みだ。また、広く海外展開する自社のグループネットワークを駆使し、さまざまなニーズに対して信頼のおけるものだけを取り寄せ、提供することも同社の大きなアドバンテージと言える。

販路拡大を目指して
 「VINA-SANWA」は今後も、ベトナムで生産し販売する「地産地消」のスタイルで展開していく。「販路拡大のためにはまず地元の人たちにショールームや工場を訪れてもらい、実際に「VINA-SANWA」の製品に触れ、地場製品との違いを理解してもらうことが大切だ。」と床田氏は語る。「日本では既に普及している製品でベトナムでも需要が高いと思われる製品を現地市場に投入することも、新たな顧客の開拓につながる。」と大塚氏は語る。経済発展が進む中、建具に関してもこれまでの使い捨てから、良いものを長く使うというふうに、現地の人々の考えも少しずつシフトしてきているが、ベトナムではまだまだ高品質なものが使われている建物が少ないため、今後ますます「VINA-SANWA」の活躍の場は広がっていくだろう。
 
(文/森沢・写真/森沢)

■企業情報 
社名: VINA-SANWA
電話: 024-3772-8301
住所: 6F., HEID Bldg., K3B, Alley 12, Lang Ha, Ba Dinh Dist., Ha Noi

Post in
357index_vinasanwa

Related Nikkei Index

建機・新車の販売・レンタルと技術者教育のソフト面で建設現場、工場を裏で支える 経済発展に伴い、不動産や工場の建設ラッシュのベトナム。現場では、設備や技術者の技量不足からスケジュ
世界中に埋もれている才能をクリエイティブプラットフォームを通じてつなげ、感動を創造する  「PIXTA VIETNAM Co., Ltd」は、東京に本社を置く「ピクスタ株式会社」の海外開発
安心のオフショア開発パートナー 顧客の信頼を勝ち取るために コミュニケーション力強化の工夫  「Mulodo Vietnam Co.,LTD.」は、2012年からホーチミン市でウェブサービス全
ベトナムの発展を支えるエネルギー・環境事業 世界規模の成長を目指す  「Fuji Electric Vietnam Co., Ltd.」は、東京に本社を置き、エネルギー