ベトナム人日本語学習者調査

キャリア志向と文化好きの二通り

ベトナム人の間で、日本語は語学学習の中でも英語に続いての人気を誇ります。日本国内の人材不足といった事情もあり、日本語を話せる人材への需要も一層高まっています。

彼らが日本語を勉強する理由を尋ねると「良い職業に就くため」「給与を上げるため」といったキャリア派と「日本文化が好きだから」という趣味派の二つのパターンがあることがわかります。これは、主な目的が、良いキャリアのためである英語と比べても非常に特徴的で、日本の文化に関心を持つベトナム人の割合の高さを示唆するものです。

日本語学習者の特徴はいくつかありますが、日本人へのイメージが著しく良い点がその一つです。日本人に対してのイメージを聞くと通常、「勤勉」「礼儀正しい」「センスが良い」などこちらが恐縮するほど良いイメージをもっていることがわかります。

勉強方法については、「学校に通う」、「学校の教材や本を使って学習する」といった伝統的な方法以外では「YouTube」を利用した学習方法などが盛んになっています。「日本語の森」のような「YouTube」のチャンネルはベトナム人の間でも非常に多く利用されています。スマホの辞書ツールなども多くの日本語学習者には必須となっています。

16歳〜40歳の日本語学校に通うベトナム人男女165名への調査(2017年1月実施)

 

Post in
320_vetter_p22_23

Related Market Research

ベトナム人とたこ焼きストリートを中心に広がる日本文化  たこ焼きがベトナム、特にホーチミンで広まっています。ベトナムの人気レストラン検索サイト「Foody
ホーチミン・ハノイのイメージ。住みたい都市はどっち?  ホーチミンとハノイでは、商習慣から価値観まで多くの違いがあります。今回は、それぞれの都市の在住者が
インフルエンサーの効果についてトレンド波及に効果あり  近年、日本と同様ベトナムでも、インフルエンサーを使ったマーケティング手法が非常に増えてきました。イ
コンビニで変わる購買習慣「セブンイレブン」進出の影響は?  「セブンイレブン」がベトナムにオープンし大きな話題となりましたが、特にホーチミンではコンビニの数が