ベトナム人の健康意識 運動需要からジムが人気に

ベトナム人は、特に健康意識の高い国民だと言われています。ベトナムでの健康というと今までは食べるものだったり、体調だったりという点に注意が向かっており、実際に健康法として「規則正しい食事」や「十分な水分摂取」などを心がけている人は多いです。一方で、最近では運動により健康を目指す人が増えてきており、スポーツジムなどの人気が高まってきています。
今回の調査対象者のうち、現在ジムに通っている人は18%のみですが、ジムに通いたいと考えている人は48%おり、関心の高さを裏付けています。ほとんどの人が通っているのは、月額数万ドン程度のローカルジムですが、最近は設備のより整備された「California Fitness」のようなチェーン店舗も増えてきており人気を集めています。ジムに通う人の中には、ほぼ毎日通いムキムキの体を目指すような人も一部ながら増えてきているようです。
こういったジム人気は、もともとの健康志向と合わせて、ベトナムではあまり外で運動をする環境が多くない点に加えて、エンターテインメントとしての側面もあると感じます。娯楽の少ないベトナムにおいて、皆で体を動かすことが新たな娯楽として受け入れられているように感じます。他の東南アジア新興国と同様に、今後、マラソン大会などのイベントも人気を博すのではないでしょうか。

18歳〜39歳のホーチミン・ハノイ在住の男女500名への調査(2017年3月実施)

Post in
325

Related Market Research

ベトナムではやりだすミルクティー若者を中心に流行拡大  ベトナムというとコーヒーのイメージが強いですが、ここ数年ミルクティー(バブルティー)の人気が高まっ
ベトナムの「Facebook」利用人気に陰りなし  ベトナムの若者は1日数時間「Facebook」を利用しています。オフィスなどでも仕事中に「Face
ベトナム会社員のコーヒー習慣 半数が1日に複数回コーヒーを摂取 コーヒー大国のベトナム。街中にコーヒー店舗が溢れ、ストリート
ベトナムオンラインゲーム市場スマホの普及が成長を後押し  ベトナムのゲーム市場は東南アジアの中で最も大きく、中国・日本・韓国などに続いて大きな市場です。もと