10代の携帯利用について長い利用時間と高いコスト意識

 娯楽の少ないベトナムでは、スマホは若者にとって欠かせないものであり、都市部では10代前半からスマホを所有する人も少なくありません。きっかけとしては年配者のお下がりをもらったりという以外では、進学のお祝いや、成績などがよかった場合のご褒美として携帯電話をプレゼントされたりすることが多いようです。
 中高生のスマホの利用としては、「YouTube」で動画を見たり、音楽を聴いたりと受動的な活動が中心です。これが年を重ねるにつれて、「Facebook」などのソーシャル利用やチャットなどを使ってコミュニケーションが活発化してきます。彼らはコスト意識が非常に高く、出費を抑えるためにWIFI環境でのネット利用が一般的です。友人などとの電話での会話も「Messenger」や「Zalo」などの無料アプリですませてしまいます。通常の電話を利用するのは、両親や世代の離れた人たちとの会話に限られます。ベトナムのような新興国ではスマホ・ネットの利用は盛んで、利用時間は日本を上回るほどですが、無料意識の高さや課金の難しさがビジネスの大きな阻害要因となっています。
12歳〜22歳のホーチミン・ハノイ在住ベトナム人男女500名への調査(2018年7月実施)

Post in
394_ASIA

Related Market Research

会社・友人間でのメッセージング 友人と「FB」会社間は「SMS」 ベトナムの都市部におけるスマホの所持率は7割にもなり、1日に数時間スマホを利用している人も少なくなく
ホーチミン・ハノイの街の不満 交通渋滞と大気汚染で高まる不快度  ベトナムの都市部は急激な変化を遂げています。一方で、生活をする上での不満も積み重なっています。今回
コーヒーはいくらから「高い」のかベトナム人の価格意識調査  カフェの数が非常に多いベトナムですが、最近では廉価なコーヒーショップがおしゃれなカフェに変わったり
ベトナムオンラインゲーム市場スマホの普及が成長を後押し  ベトナムのゲーム市場は東南アジアの中で最も大きく、中国・日本・韓国などに続いて大きな市場です。もと