高まるオーガニックフード人気 食の安全への高い需要

 ベトナム人は食に関する安全の意識が高いと言われています。自分や家族が口にするものに対しての品質不安から、食の安全を求める需要が富裕層を中心に高まっています。食の「安全」は、「栄養」「味」「価格」と並んで、食品を購入する際の判断基準として最も消費者が気を配っている項目です。「日本産」の商品が人気を集めたり、中国を除く海外からの輸入品をより信頼するのも、安全なものを手にしたいという要求によるものです。
 こういった背景もあり、昨今かなりの数のオーガニックフードの店舗が新規に展開されており、オーガニックという概念も認知されるようになってきました。オーガニックはベトナム人の間でも「安全」「健康」といったキーワードと強く結びついています。
 9割の女性がオーガニックフードに興味を示す一方で、8割が「高すぎる」と回答しており、価格がネックとなっています。実際の期待値は通常の商品より10-20%くらい高い程度だったら購入したいというレベルなのですが、実質価格は物流や商品の希少性もあり、通常商品の2倍する場合も少なくありません。結果的に、日常的にオーガニックフードを利用する人は富裕層や外国人などに限定されています。
18歳〜39歳のホーチミン・ハノイ在住のベトナム人女性500名への調査(2017年10月実施)

Post in
403_VETTER_asia

Related Market Research

増加するフードデリバリーサービス  雨季の食事の強い味方  ここ数年でフードデリバリーのサービスを利用するベトナム人は増えてきました。レストランチェーン店の増
インフルエンサーの効果についてトレンド波及に効果あり  近年、日本と同様ベトナムでも、インフルエンサーを使ったマーケティング手法が非常に増えてきました。イ
ベトナムのフルーツ事情 ベトナムを代表するフルーツは?  ベトナムでは多くの珍しい南国フルーツを、日本では考えられない廉価な価格で食べることができます。海外
10代の携帯利用について長い利用時間と高いコスト意識  娯楽の少ないベトナムでは、スマホは若者にとって欠かせないものであり、都市部では10代前半からスマホ