女性の化粧情報入手方法 「YouTube」は貴重な情報源

 ベトナムは東南アジアでも有数の「YouTube」利用国です。ネットやソーシャル利用が高いことに加えて、テレビなどで放送されているコンテンツのほとんどが「YouTube」でも閲覧できるため、日本人が録画してテレビを後から見るような形で、見たいコンテンツをいつでも見ることができます。都市部でも人気ですが、娯楽のない地方だとYouTubeの人気は圧倒的です。娯楽だけではなく、例えば語学の勉強などにも利用されています。女性の間では「YouTube」を利用してメークアップの仕方やトレンドをつかむという人が増えてきており、当社の調査では日常的にメークをする女性の9割が、美容に関して「YouTube」を何かしらの情報源にしていると回答しています。
 日本ではデパートの店頭などで販売員から情報を仕入れたり、雑誌からトレンドをくみ取ったり、という形で情報を入手している女性が多いと思いますが、ベトナムでは雑誌はコンテンツ力が弱く発行部数も限られており、販売員は知識を有していません。「YouTube」だと、わかりやすくメークの方法を学ぶことができる点が好評で、「Changmakeup」のような、フォロワーが数十万人いる「YouTuber」があらわれています。

18歳〜39歳のベトナム人女性500名への調査(2018年1月実施)

Post in
376_VETTER_asia

Related Market Research

10代の携帯利用について長い利用時間と高いコスト意識  娯楽の少ないベトナムでは、スマホは若者にとって欠かせないものであり、都市部では10代前半からスマホ
ベトナム人のファーストフード利用「マクドナルド」は苦戦中?  ベトナムのファーストフードチェーン店では、日本と異なり店舗数が多いのは「KFC」と「Lotteri
ベトナムオンラインゲーム市場スマホの普及が成長を後押し  ベトナムのゲーム市場は東南アジアの中で最も大きく、中国・日本・韓国などに続いて大きな市場です。もと
ベトナム人主婦の買い物仕事・子育て・家事と大忙し  ベトナム人の主婦は、その多くが仕事を続けながら、家事、子育てなどをこなしており非常に忙しい生活を送