人気動画投稿アプリ「Tiktok」「Kwai」知っていますか

 ベトナムで一番ダウンロードされているスマホのアプリケーションをご存知でしょうか。現在最も人気があるのは「Tiktok」や「Kwai」などの、動画SNSと呼ばれているアプリケーションです。ベトナムでは「Facebook Messenger」や「Zalo」などのチャットアプリや「YouTube」などの動画アプリが最も利用されていますが、「Tiktok」や「Kwai」はいわゆる「動画投稿アプリ」と言われているもので、日本を含めアジア中で若者を中心に人気を博していますが、ベトナムでもここ1−2カ月ほどの間で特に10代・20代前半の若者の間で火がつき始めています。これらの動画投稿アプリは、短い動画を撮影して、アプリ上で加工した後に共有できるもので、リップシンク(口パク)動画やダンス動画などが人気で、使い勝手の簡単さ、さまざまな動画加工によって出来上がったコンテンツの面白さが人気の秘密です。
 これらのアプリの広まりを見ていると、言葉の壁を超える動画コンテンツの強さ、若者を中心とした口コミのスピードの速さを感じずにはいられません。特に娯楽の少ないベトナムにおいて、1日数時間をスマホに費やす若者にとってタダで楽しめる新たなエンターテインメントは非常に高い可能性を秘めているように感じます。
16歳〜29歳のホーチミン・ハノイ在住のベトナム人女性500名への調査(2018年5月実施)

Post in
386_VETTER_asia

Related Market Research

ベトナム人にとってのアオザイ8割の女性が「良き伝統」の認識 ベトナムの民族服アオザイ。ベトナムというとアオザイを着用している女性の姿を思い浮かべる人も多いのでは
ホーチミン・ハノイの街の不満 交通渋滞と大気汚染で高まる不快度  ベトナムの都市部は急激な変化を遂げています。一方で、生活をする上での不満も積み重なっています。今回
ベトナム会社員のコーヒー習慣 半数が1日に複数回コーヒーを摂取 コーヒー大国のベトナム。街中にコーヒー店舗が溢れ、ストリート
ベトナム人から見た韓国のイメージ強い韓流エンタメの影響  ベトナムにとって韓国は、日本と並び非常に文化的な影響力が強い国の一つです。では、ベトナム人は韓国に