ローカルファッションブランド! 盛んなベトナム国内アパレル業界!

最近「ZARA」や「H&M」などの外資系アパレルブランドが続々と店舗をオープンさせているベトナムですが、もともとアパレルの工場などが多いこともあり、多くのファッションチェーン店が存在します。実はTop10のベトナムのローカルファッションブランドの合計店舗数は850店舗弱あり、ユニクロの国内店舗と変わらないほどです。
 食品などでは敬遠される「Made in Vietnam」ですが、ファッションに関しては否定的な声は少なめで、8割の人がベトナム製の洋服に好意的な印象を持っています。店舗では、大人に人気で展開店舗の多い「Viet Tien」や、若者に人気のカジュアルブランド「Blue Exchange」、ホーチミンのおしゃれカジュアル「Yame Shop」、最近日系企業に買収された、おしゃれ女子が好む「NEM」など個性豊かです。
 ベトナムの洋服は廉価なことに加えて、日本などと比較すると柄物など、個性的なものが多いのが特徴です。そういったこともあり、ベトナムの女性に日本のファッションの印象を聞くと「皆一緒で個性がなくてつまらない」という声がよく聞かれます。デザインについても近年かなり良くなってきており、お得感のある商品が増えているように感じます。

18歳〜39歳のホーチミン・ハノイ在住のベトナム人男女500名への調査(2017年11月実施)

Post in
359_VETTER_asia

Related Market Research

ベトナム人のスマホ依存 都市部では9割近くがスマホを所有 ベトナムの都市部では、どこにいっても若者がスマホをいじってい
ホーチミン・ハノイの街の不満 交通渋滞と大気汚染で高まる不快度  ベトナムの都市部は急激な変化を遂げています。一方で、生活をする上での不満も積み重なっています。今回
ベトナム人の化粧事情 「原産国」を重要視 ベトナム人女性も数年前に比べると化粧をしている人が増えてきたように感じます。とはいえ、現在でも毎日化
ベトナム人のファーストフード利用「マクドナルド」は苦戦中?  ベトナムのファーストフードチェーン店では、日本と異なり店舗数が多いのは「KFC」と「Lotteri