ローカルファッションブランド! 盛んなベトナム国内アパレル業界!

最近「ZARA」や「H&M」などの外資系アパレルブランドが続々と店舗をオープンさせているベトナムですが、もともとアパレルの工場などが多いこともあり、多くのファッションチェーン店が存在します。実はTop10のベトナムのローカルファッションブランドの合計店舗数は850店舗弱あり、ユニクロの国内店舗と変わらないほどです。
 食品などでは敬遠される「Made in Vietnam」ですが、ファッションに関しては否定的な声は少なめで、8割の人がベトナム製の洋服に好意的な印象を持っています。店舗では、大人に人気で展開店舗の多い「Viet Tien」や、若者に人気のカジュアルブランド「Blue Exchange」、ホーチミンのおしゃれカジュアル「Yame Shop」、最近日系企業に買収された、おしゃれ女子が好む「NEM」など個性豊かです。
 ベトナムの洋服は廉価なことに加えて、日本などと比較すると柄物など、個性的なものが多いのが特徴です。そういったこともあり、ベトナムの女性に日本のファッションの印象を聞くと「皆一緒で個性がなくてつまらない」という声がよく聞かれます。デザインについても近年かなり良くなってきており、お得感のある商品が増えているように感じます。

18歳〜39歳のホーチミン・ハノイ在住のベトナム人男女500名への調査(2017年11月実施)

Post in
359_VETTER_asia

Related Market Research

ベトナム人の飲み水事情水への高い関心。煮沸利用が一般的  日本と異なり、ベトナムは浄水技術や水源の水質に問題を抱えており、水道水をそのまま飲むことはできませ
ベトナム人から見た韓国のイメージ強い韓流エンタメの影響  ベトナムにとって韓国は、日本と並び非常に文化的な影響力が強い国の一つです。では、ベトナム人は韓国に
ベトナム女性の人気ウェブメディア 口コミの元となる人気ウェブサイト ベトナムの女性に、美容やファッションについての調査をすると、「ウ
ベトナムの飛行機会社の比較調査「品質」と「値段」で分かれる評価  当社が20歳から49歳までのベトナム人に対して行った調査によると、ベトナム人の中で過去1年に飛行機