ホーチミン・ハノイの街の不満 交通渋滞と大気汚染で高まる不快度

 ベトナムの都市部は急激な変化を遂げています。一方で、生活をする上での不満も積み重なっています。今回は、ホーチミン・ハノイの在住者に対して自分の住んでいる街の不満についてたずねてみました。
 生活の中で一番の不満は交通渋滞です。公共の交通網が発達していないベトナムでは大多数の人がバイクで通勤通学をしています。自動車の増加などもあり、交通渋滞の状況悪化については日々実感しており不満につながっています。それに続くのが大気汚染で、特にハノイでは空気がどんよりとしており、視界を遮られることも日常的です。外出の際のマスクの着用はベトナム人の間では当たり前のことになっています。
 治安や人の悪さについて不満事項として挙げる人は比較的少ない印象です。携帯を盗まれた、タクシーでボラれたなどの話には事欠きませんが、他の国と比べると日常で危険を感じるようなことも少なく、安心して生活できるのはベトナムの長所と言えます。
 上記のような背景もあり、「自分の街が好き」と回答するベトナム人が7割を超えるのに対して「自分の街に住むことを他人に薦めたい」とまで考える人は半数以下にとどまります。好きだけど、改善点も多く見られるのは発展途上国の特徴ではないでしょうか。

18歳〜39歳のホーチミン・ハノイ在住のベトナム人女性500名への調査(2017年10月実施)

Post in
381_VETTER_asia

Related Market Research

アジア大会のサッカー観戦 カフェなど外での観戦は約2割  先日のサッカー「U-23アジア選手権2018」に続き、インドネシアで行われていた「アジア競技大会」
コンビニで変わる購買習慣「セブンイレブン」進出の影響は?  「セブンイレブン」がベトナムにオープンし大きな話題となりましたが、特にホーチミンではコンビニの数が
ベトナムでの携帯料金について 高額な端末料金と廉価な利用料金  ベトナム人のスマートフォン依存度は日本人以上に強いように感じますが、月々の携帯利用料金は数百円から
「Miniso」を知っているか 約半数が日本の店舗と勘違い 「Miniso」や「Mumuso」などの雑貨店がアジアのさまざまな国に進出をしています。ベトナムにも