ベトナムEC最新事情増えるスマホとソーシャル購入

 ベトナムのオンラインショッピング市場は順調に成長を遂げています。1年前と比較した変化としては、「スマートフォンからの利用が増えている点」「「Facebook」や「Zalo」などを利用した柔軟なオンライン購買が広がっている点」の二つが挙げられると思います。
 スマートフォンからの購入が増えている点については、ネットワークインフラの改善に加えて、リピーターの増加に伴い、サイトへの信頼感が広がっていることが大きな理由だと感じます。「Facebook」を利用したオンライン購入が増えているのもスマートフォンの影響が大きく、メッセージング機能を利用して購入処理が行えることで、作業の手間を軽減しています。個人情報管理についての意識が低いこともあり、より手軽な購買方法がベトナムでは広がっています。そのため、オンラインショッピングの買い手だけでなく、売り手も増えているのが特徴です。
 以前と比べて商品種類が増えていると感じている人が多い一方で、商品の質や顧客対応については満足を感じていない人も多く、現在の改善点とも捉えられます。現金決済に変わる、事業主側にとってより効果的な決済手段が、最も望まれている機能の一つではないでしょうか。

20歳〜39歳のホーチミン・ハノイ在住のオンラインショッピングを利用するベトナム人男女800名への調査(2017年9月実施)

Post in
352_VETTER_asia+

Related Market Research

ベトナムのビールブランドイメージ! 人気の高いハイネケン  ベトナムはビールの消費量が東南アジアで最大です。街中でも「モッ・ハイ・バー・ゾー!」の掛け声を聞く
コーヒー店、ミルクティー店比較。若者はミルクティーをより好む傾向  昨年急激に増えたミルクティー店ですが、都市部ではその勢いはとどまらず、街の至るところで新たなお店が
ベトナム人の音楽視聴音楽は無料で聴くのが常識  もともと、カラオケなどを含めて音楽好きなベトナム人ですが、ネットとスマートフォンによってその視聴ス
テレビコマーシャル ネット社会のいまでも影響力 ベトナムのメディア消費に関しては、特に10代・20代の若者についてはネットがTVを逆転しています。ス