ベトナム人主婦の買い物仕事・子育て・家事と大忙し

 ベトナム人の主婦は、その多くが仕事を続けながら、家事、子育てなどをこなしており非常に忙しい生活を送っています。
 ベトナムの場合、子どもを産んでも職場に復帰するのが通常で、仕事と家事を見事に両立させています。家事や日々の買い物に関しても、一部同居の母親や夫と業務を担いながらも、ほとんどの母親が自分でこなしています。それでいて彼女たちの多くが、ほぼ毎日ローカルマーケットやスーパーマーケットに通い、日々の食料品を購入しています。加えて、ベトナム人は子どもへの教育熱が非常に高く、半数の親が英会話や水泳など多くの習い事をさせており、これらの送り迎えも彼女たちの仕事です。このようにベトナムの女性は非常に忙しい毎日を過ごしています。
 今後、忙しい彼女たち向けの「時短」の需要が増えてくると考えられます。例えば、現状ではスーパーマーケットなどで、一定金額を超えた買い物をした顧客へ無料配送などのサービスを行っていますが、これらに加えて、今後買い物代行をしてくれる「コンシェルジュサービス」や、食料品のオンラインでの購入サポートなども、特に忙しい富裕層の需要をつかむのではないかと考えられます。経済が成長するにつれ、生活を効率化していくソフト・ハードが徐々に拡充されていくのではないでしょうか。

18歳〜39歳のベトナム人男女500名への調査(2017年3月実施)

Post in
328_VETTER_asia

Related Market Research

ベトナム人大学生のアルバイト定番はウェイター、人気は家庭教師  今回はベトナム人大学生のアルバイトに関する調査です。ベトナム人の大学生でアルバイト経験のある人は約
ローカルファッションブランド! 盛んなベトナム国内アパレル業界! 最近「ZARA」や「H&M」などの外資系アパレルブランドが続々と店舗をオープンさせているベトナムです
ベトナムの大学イメージ 優秀なら工科大学、お金持ちは? 日本だと、早慶・六大学など、さまざまな大学のイメージがありますが、ベトナムの大学のイメージとはど
ネット情報の信頼度 重要なのは「誰からの情報か」  ベトナムは口コミ文化だと言われますが、その中でもネットの占める割合は非常に大きなものがあります。例