ベトナム人の運動意識ジム通いが若者の間で人気に

 ここ1年くらいで、ベトナムの若者の間での運動意識が急激に高まってきたような気がします。会社の同僚でも「ジムに行っている」「ヨガに通っている」といった声をよく聞くのではないでしょうか。
 元々ベトナムでは、運動をする場所も限定され、定期的に体を動かしている人はそれほど多くありません。健康法についても「水を多く飲む」「よく眠る」といった生活習慣にのみ気を配っている人がほとんどで、運動に関しても散歩などの軽度のものが中心です。普段からバイクでの移動のため、歩く機会も限定的で、ほぼ運動していないような人が多いのが現状でした。
 一方で、現在ジムに通っていない人の半数以上が、「ジム通いに関心がある」と回答しており、運動への意識は急速に高まっています。これは多くの高額なジムが積極的なマーケティング活動をやっていることの影響もあるかと思います。とはいえ、彼らのジム利用の月額予算の期待値はほとんどが30万ドン以下とかなり低めで、実際に「カリフォルニアフィットネス」のような高額なジムに通えるのは一部の層に限られます。最近では、狭いスペースを利用したジムチェーンなども増えてきており、ジム通いの環境は整備されつつあるように感じます。

18歳〜39歳のホーチミン・ハノイ在住男女500名への調査(2017年12月調査実施)

Post in
366_VETTER_asia

Related Market Research

コーヒー店、ミルクティー店比較。若者はミルクティーをより好む傾向  昨年急激に増えたミルクティー店ですが、都市部ではその勢いはとどまらず、街の至るところで新たなお店が
ベトナムの4Gサービス普及。大規模な宣伝効果で利用が進む。 ベトナムはアジアの新興国の中では、割とネットワーク環境が優れているのではないでしょうか。街中のカフェ
日用品の購入場所スーパー、ローカル市場の人気理由  いよいよベトナムにも「セブンイレブン」がオープンするように、都市圏では多くのコンビニ、スーパーがオ
コンビニで変わる購買習慣「セブンイレブン」進出の影響は?  「セブンイレブン」がベトナムにオープンし大きな話題となりましたが、特にホーチミンではコンビニの数が