ベトナム人のファーストフード利用「マクドナルド」は苦戦中?

 ベトナムのファーストフードチェーン店では、日本と異なり店舗数が多いのは「KFC」と「Lotteria」の二つで、2014年にベトナムに進出した「マクドナルド」は店舗数の面からもこの2社には及ばない状況です。利用頻度や満足度の面からもこの二つのチェーン店が他を上回っているのが現状です。「マクドナルド」は「価格が高い」というイメージを持つ人が比較的多く、「家の周りにないという不便さ」からいまいち人気が浸透していない状況です。また、「KFC」の他に「Texas Chicken」や「Popeyes」など、いわゆるハンバーガー店ではなく、チキンを中心としている店が多く見られるのもベトナムの特徴と言えます。
 半数強の人が月に1度以上ファーストフードを利用しており、特に10代から20代の若者に人気があります。一方で利用しない人の理由としては「健康に悪い」点と「価格」の二点が挙げられます。日本だとコストパフォーマンスの良い食事として考えられるファーストフードですが、ローカル食と比較すると高価なため、特に収入が少ない層は頻繁に利用できない理由になるようです。ファーストフードはベトナムにおいては、若者のちょっとした特別感のある食事の場となっています。

18歳〜39歳のホーチミン在住のベトナム人男女400名への調査(2017年8月実施)

Post in
346_VETTER_asia

Related Market Research

ベトナムで人気のモバイルアプリ。ソーシャルアプリは情報のハブ。  ベトナム都市部では、若者に限っては9割以上がスマホを所有するようになっています。すでにベトナム人の
ベトナム人のファッション事情「価格」「デザイン」がより重要  ベトナムにもようやく「ZARA」が進出、「H&M」も店舗オープンを発表するなど、外資有名ブランドの
ベトナム人から見た韓国のイメージ強い韓流エンタメの影響  ベトナムにとって韓国は、日本と並び非常に文化的な影響力が強い国の一つです。では、ベトナム人は韓国に
ベトナム人の仕事観男女別の仕事適正に関する意見は?  今回はベトナム人の仕事の適正について調査を行いました。男女・南北で「職場でどちらが仕事熱心か」を比