ベトナム人にとってのアオザイ8割の女性が「良き伝統」の認識

ベトナムの民族服アオザイ。ベトナムというとアオザイを着用している女性の姿を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。ベトナムの女性はアオザイに対してどのようなイメージを持っているのか調べてみました。
 アオザイを着用することについて、8割の人が「アオザイは良いベトナムの伝統だ」と考え、同程度の人が「アオザイ文化は今後続けるべきだ」とベトナム独自の風習を前向きに捉えています。7割強の人が「アオザイを着ていると気分が良い」とも回答しており、普段とは異なる特別な雰囲気を楽しんでいるようです。一方で、アオザイを好まない人も少なからずおり、理由としては「(生活するのに)不便だから」「体形がアオザイに合わないから」などの背景があります。
 実際のところ、アオザイを着るタイミングは限られています。一部、学校や会社などで制服として着用を義務付けられている人を除くと、所有しているアオザイの数も平均すると2〜3枚程度で、ほとんどの人がテトや結婚式、卒業式など特別なときに利用するにとどまっています。特別なときに着るものだからこそ誇りに思えるという一面もあるかもしれません。

18歳〜39歳のホーチミン・ハノイ在住のベトナム人女性500名への調査(2018年3月実施)

Post in
378_VETTER_asia

Related Market Research

おむつの購入と情報源 人気の高い日本ブランド  ベトナム人にとって日本製というと「高品質」「安全」といったイメージを表すキーワードですが、一方で費
ベトナムの「Facebook」利用人気に陰りなし  ベトナムの若者は1日数時間「Facebook」を利用しています。オフィスなどでも仕事中に「Face
ベトナム大学生の住居環境 共同生活による少ないプライバシー  衣・食・住の中で、ベトナム人と日本の学生を比較してみたときに、大きく異なるのが「住」ではないでしょ
「Miniso」を知っているか 約半数が日本の店舗と勘違い 「Miniso」や「Mumuso」などの雑貨店がアジアのさまざまな国に進出をしています。ベトナムにも