ベトナム人とたこ焼きストリートを中心に広がる日本文化

 たこ焼きがベトナム、特にホーチミンで広まっています。ベトナムの人気レストラン検索サイト「Foody」によると、2017年4月時点で、ホーチミンに、たこ焼きを提供する店舗は73もあります。これらの中には、レストランの一部として出店的にたこ焼きを提供しているものもありますが、ほとんどがストリート屋台です。「YouTube」などで作り方を簡単に学ぶことができ、材料も簡易であるため、一気にホーチミンで広がっている印象です。
 たこ焼きは、まだ「Sushi」のような日本食としての認知度を得ているわけではありませんが、軽食として多くのベトナム人に利用されてきています。おいしさに加えて、腹持ちが良い点、食べやすい点などが人気の秘密です。店舗ではちょうちんなどを使ってアピールしていることから日本食としての認知も進んでいます。たこ焼き人気は、友人から「Facebook」を通じるなどして口コミで広まっているようです。
 日本食というと、どうしてもベトナム人の食費からすると高額なものになりがちですが、たこ焼きが人気になったのは2万〜3万VND程度で購入することができるベトナム人の費用感覚にマッチしているという点も大きいように感じます。こういった、お財布に優しく利用しやすい日本食はベトナム人の食需要に合致しているように感じます。

16歳〜49歳のたこやきを食べたことがあるベトナム人男女200名への調査(2017年1月実施)

Post in
330_VETTER_asia

Related Market Research

ベトナムのポイントカード事情小売りや映画館で利用が広がる  ベトナムでは、モダントレードの店舗数が増えるにつれて、囲い込みやマーケティングを目的としたポイント
ベトナムで意外と人気のミキサー シントー需要から高い普及率 ベトナムの家電チェーン店などに行くと、日本と異なり、ミキサーの品ぞ
ベトナムオンラインゲーム市場スマホの普及が成長を後押し  ベトナムのゲーム市場は東南アジアの中で最も大きく、中国・日本・韓国などに続いて大きな市場です。もと
ベトナムではやりだすミルクティー若者を中心に流行拡大  ベトナムというとコーヒーのイメージが強いですが、ここ数年ミルクティー(バブルティー)の人気が高まっ