ベトナムオンラインゲーム市場スマホの普及が成長を後押し

 ベトナムのゲーム市場は東南アジアの中で最も大きく、中国・日本・韓国などに続いて大きな市場です。もともとインターネットへの接続時間が長く、スマートフォンの普及率も向上してきたことから、オンラインゲーム、その中でもモバイルゲームの市場は大きな盛り上がりを見せています。実際、オンラインゲームユーザーの7割強がスマートフォンを利用してゲームを楽しんでおり、今後はモバイルゲームが市場をリードすると考えられています。以前はインターネットカフェなどでゲームを楽しむ若者の姿がよく見られましたが、そういった姿もだいぶ少なくなってきました。
 ベトナムではRPG(ロールプレイングゲーム)やシューティングなどのゲームが人気です。自身でゲームを行うだけでなく、上手なプレイヤーのゲーム実況などを「YouTube」などで閲覧するなどして余暇を過ごしている人も8割ほどおり、自身がゲームをする以外での別の楽しみ方をしています。他のモバイル系のサービスと比較すると、以外と課金の障壁が低いのがゲーム分野の特徴ともいえ、通信会社のトップアップの仕組みを利用するなどして、ゲーム自体や、ゲーム内のアイテムなどの購入を行います。RPGなどで自分が育成したキャラクターを販売してお金を稼ぐ人もいるようです。このゲームの分野は「Facebook」広告などの仕組みが効果を発揮しやすいのも特徴です。

18歳〜44歳のベトナム人男女500名への調査(2016年11月実施)

Post in
337_VETTER_asia

Related Market Research

高まるオーガニックフード人気 食の安全への高い需要  ベトナム人は食に関する安全の意識が高いと言われています。自分や家族が口にするものに対しての品質不安
ベトナム人の運動意識ジム通いが若者の間で人気に  ここ1年くらいで、ベトナムの若者の間での運動意識が急激に高まってきたような気がします。会社の同僚で
オンラインショッピング市場の拡大 スマホ利用でヘビーユーザー急増  ベトナムのオンラインショッピングは市場が拡大する一方です。仕事中などにも、配達先を会社にしてオンラ
ベトナムのパソコン市場価格と性能重視、例外は「Mac」  ベトナムではインターネットが情報、娯楽の中心となっており、スマートホンだけでなく、都心ではパソコン