ベトナムのポイントカード事情小売りや映画館で利用が広がる

 ベトナムでは、モダントレードの店舗数が増えるにつれて、囲い込みやマーケティングを目的としたポイントカードに力を入れる企業が増えてきました。当社の調査によると、何かしらのポイントカードを所有している人は都市部の18歳から39歳の男女の間では86%と多く、所有カードとしては、スーパー・コンビニ(86%)などの小売り系と、映画館(42%)のようなエンターテインメント系に分かれます。小売り系のカードについては、日常的に買い物を行う年配層の利用が多く、映画館のカードは若い世代に多く利用されています。ベトナム人は財布に多くのカードを所有したりしない一方で、ポイントのようなインセンティブは受けやすい要素が多いと感じます。
 日本では、さまざまなサービス企業が提携をして、一つのポイントカードがいろいろな店舗で利用できるようになっていますが、ベトナムでは、それぞれの企業が独自にサービスを提供している状況です。現在ポイントをどの程度利用所有しているのか、などを知る術も限られていて、購入時にスタッフなどから教えてもらうような形態をとっています。都市部ではスマートフォンの所有が当たり前になってきていますので、今後アプリなどを利用した会員管理やポイントの共同利用などのサービスへの展開などが考えられます。

18歳〜39歳のホーチミン・ハノイ在住のベトナム人男女500名への調査(2017年8月実施)

Post in
348_VETTER_asia

Related Market Research

女性の化粧情報入手方法 「YouTube」は貴重な情報源  ベトナムは東南アジアでも有数の「YouTube」利用国です。ネットやソーシャル利用が高いことに加え
ベトナム人の昼寝の割合は?男女問わず75%が昼休みには昼寝  ベトナム人と仕事をしていて驚くことの一つに「昼寝」があるのではないでしょうか。オフィスでも、銀行の
アジア大会のサッカー観戦 カフェなど外での観戦は約2割  先日のサッカー「U-23アジア選手権2018」に続き、インドネシアで行われていた「アジア競技大会」
ベトナムの4Gサービス普及。大規模な宣伝効果で利用が進む。 ベトナムはアジアの新興国の中では、割とネットワーク環境が優れているのではないでしょうか。街中のカフェ