ベトナムのビールブランドイメージ! 人気の高いハイネケン

 ベトナムはビールの消費量が東南アジアで最大です。街中でも「モッ・ハイ・バー・ゾー!」の掛け声を聞くことも少なくないのではないでしょうか。実際、週に数回以上ビールを飲むという13%を含め、4割の人が週に1度程度ビールを嗜んでいます。女性は人前でビールをそれほど飲まない傾向はあるものの、非常に活気のある市場です。
 では、どのようなビールが好まれているのでしょうか。ベトナムといえば「333」などのローカルビールを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、当社が都市部で調査をした結果では、最もよく飲むビールは「ハイネケン」という結果でした。生活水準が向上するなかで、以前よりも高級なビールが好まれ始めているようです。それ以外のビールではホーチミンとハノイで人気がかなり分かれますが、ハノイでは「ビアハノイ」、ホーチミンでは「タイガービール」などが特に家飲み用のビールとして人気を博しています。
 日本が誇る「サッポロビール」ですが、ホーチミンを中心にプレミアム感があり、特別な時に飲むビールとして人気を集めています。若者のビール離れが進む日本と異なり、市場は堅調に成長すると言われています。今後も市場の成長につれて、より一層激しい競争が続いていくのではないでしょうか。

18歳〜39歳のホーチミン・ハノイ在住のベトナム人男女500名への調査(2017年8月実施)

Post in
358_VETTER_asia+

Related Market Research

ベトナムオンラインゲーム市場スマホの普及が成長を後押し  ベトナムのゲーム市場は東南アジアの中で最も大きく、中国・日本・韓国などに続いて大きな市場です。もと
ベトナム人の2018年の景況感ポジティブな意見が圧倒的  今回の調査では、ベトナム人に2017年の振り返りと、2018年の景況感について意見を聞いてみました
ベトナム人にとってのアオザイ8割の女性が「良き伝統」の認識 ベトナムの民族服アオザイ。ベトナムというとアオザイを着用している女性の姿を思い浮かべる人も多いのでは
ベトナム人の飲み水事情水への高い関心。煮沸利用が一般的  日本と異なり、ベトナムは浄水技術や水源の水質に問題を抱えており、水道水をそのまま飲むことはできませ