ベトナムの「Facebook」利用人気に陰りなし

 ベトナムの若者は1日数時間「Facebook」を利用しています。オフィスなどでも仕事中に「Facebook」を閲覧している人を多く見かけますが、ベトナム人の情報・コミュニケーションの中心となっています。
 利用時間が多いのは全体的な傾向ですが、その利用方法は人により異なります。大きく、①頻繁に自分の周りで起きたことをポスト・シェアする人②ニュースなどの情報ソースとして利用するが、自分からはあまりポストしない人③主にメッセージングアプリでの知人・友人とのやりとりに利用する人、に分けることができます。特に、①は若い女性に多く、セルフィーや毎日の食事をポストしたり、他人のポストをシェアしたりするなどを、1日数回以上積極的に行う人も珍しくありません。一方で、こういった「Facebook」での情報発信を積極的に行う層は全体の1/3程度で、必ずしも全てのユーザーが情報共有を積極的に行なっているわけではありません。
 こういった環境から「Facebook」上の広告は、費用も非常に廉価で、日本などと比べて閲覧率も高く効果的なツールとして規模を問わず多くの企業に利用されています。日本では若者の間で人気を博している「Instagram」については、一部の若者が利用している程度で、その人気はまだ決して高くありません。

18歳〜39歳のホーチミン・ハノイ在住の男女500名への調査(2017年7月実施)

Post in
349_VETTER_asia

Related Market Research

インフルエンサーの効果についてトレンド波及に効果あり  近年、日本と同様ベトナムでも、インフルエンサーを使ったマーケティング手法が非常に増えてきました。イ
スマホ女子のカメラ利用事情 いちばんのカメラ用途はセルフィー スマホの所有者が増え、確実に機会が増えていることの一つが写真
ベトナムEC最新事情増えるスマホとソーシャル購入  ベトナムのオンラインショッピング市場は順調に成長を遂げています。1年前と比較した変化としては、「ス
ベトナム人のファッション事情「価格」「デザイン」がより重要  ベトナムにもようやく「ZARA」が進出、「H&M」も店舗オープンを発表するなど、外資有名ブランドの