ベトナムで人気のモバイルアプリ。ソーシャルアプリは情報のハブ。

 ベトナム都市部では、若者に限っては9割以上がスマホを所有するようになっています。すでにベトナム人のネット利用時間はテレビ視聴時間を大きく超えており、その中でモバイルが占める割合は大きくなるいっぽうです。今回は彼らがよく利用しているアプリについて調査をしました。
 やはり上位に来るのはソーシャルネットワークやメッセージングに関するアプリで、1位は「Facebook」、2位は「Zalo」という結果になりました。「Facebook」の利用については25歳以下の若者が多数を占めます。10代から20代前半の若者の間では「YouTube」、「Instagram」などが人気を集めています。30代の間ではメール関連のアプリが多く利用されています。女性やネット利用の多い層の間で「Lazada」や「Shopee」などのECアプリの利用が目立つようになったのは最近の変化と言えます。
 アプリ利用の多様さという面では日本と比較すると少なく、ソーシャルネットワークが情報のハブとして機能しています。一方で、タクシー配車アプリ「Grab」、モバイル決済の「MOMO」や無料SMSの「Mocha」などさまざまなアプリが人気を博しており、ベトナム消費者の生活を変化させています。

18歳〜39歳のホーチミン・ハノイ在住のベトナム人男女579名への調査(2017年12月実施)

Post in
364_VETTER_asia

Related Market Research

ホーチミン・ハノイのイメージ。住みたい都市はどっち?  ホーチミンとハノイでは、商習慣から価値観まで多くの違いがあります。今回は、それぞれの都市の在住者が
ベトナム人の牛乳摂取習慣 牛乳は多くのベトナム人の栄養源 ベトナムのコンビニ・スーパー・パパママショップなどに行くと多く
ベトナム人から見た韓国のイメージ強い韓流エンタメの影響  ベトナムにとって韓国は、日本と並び非常に文化的な影響力が強い国の一つです。では、ベトナム人は韓国に
スマホ女子のカメラ利用事情 いちばんのカメラ用途はセルフィー スマホの所有者が増え、確実に機会が増えていることの一つが写真