ベトナムでの携帯料金について 高額な端末料金と廉価な利用料金

 ベトナム人のスマートフォン依存度は日本人以上に強いように感じますが、月々の携帯利用料金は数百円から千円程度と日本と比べて数分の一程度です。これは、元々の通信料金が安いのに加えて、カフェなどWIFIのある無料環境で携帯を利用している人が多数を占める点も大きく関係しています。田舎にいくとスマホは持っているけどSIMカードは購入せずにWIFIだけでスマホを利用しているような人も少なくありません。携帯端末には数万円を費やすものの、月々の利用料金は廉価に済むよう工夫がなされています。
 ベトナムの携帯料金の課金方法は、日本と異なりプリペイド式がほとんどです。プリペイドは度々チャージをするのが面倒なのですが、さまざまな露店などで、タバコや飲料とともにスクラッチカードが販売されています。最近はオンラインでチャージをしたり、さらには「Momo」のようなモバイルアプリからチャージができるようなサービスを利用する人々も増えてきています。少し前までは、スマホで利用するのは「YouTube」と「Facebook」ばかりという印象でしたが、最近ではスマホの利用方法がショッピングやタクシー配車などと急激に多様化し、さまざまなアプリを効果的に利用するように変化してきているように感じます。
18歳〜39歳のホーチミン・ハノイ在住のベトナム人男女500名への調査(2018年4月実施)

Post in
392_VETTER_asia

Related Market Research

コンビニで変わる購買習慣「セブンイレブン」進出の影響は?  「セブンイレブン」がベトナムにオープンし大きな話題となりましたが、特にホーチミンではコンビニの数が
ベトナム人の運動意識ジム通いが若者の間で人気に  ここ1年くらいで、ベトナムの若者の間での運動意識が急激に高まってきたような気がします。会社の同僚で
ベトナムのパソコン市場価格と性能重視、例外は「Mac」  ベトナムではインターネットが情報、娯楽の中心となっており、スマートホンだけでなく、都心ではパソコン
オンラインショッピング市場の拡大 スマホ利用でヘビーユーザー急増  ベトナムのオンラインショッピングは市場が拡大する一方です。仕事中などにも、配達先を会社にしてオンラ