ベトナムでの携帯料金について 高額な端末料金と廉価な利用料金

 ベトナム人のスマートフォン依存度は日本人以上に強いように感じますが、月々の携帯利用料金は数百円から千円程度と日本と比べて数分の一程度です。これは、元々の通信料金が安いのに加えて、カフェなどWIFIのある無料環境で携帯を利用している人が多数を占める点も大きく関係しています。田舎にいくとスマホは持っているけどSIMカードは購入せずにWIFIだけでスマホを利用しているような人も少なくありません。携帯端末には数万円を費やすものの、月々の利用料金は廉価に済むよう工夫がなされています。
 ベトナムの携帯料金の課金方法は、日本と異なりプリペイド式がほとんどです。プリペイドは度々チャージをするのが面倒なのですが、さまざまな露店などで、タバコや飲料とともにスクラッチカードが販売されています。最近はオンラインでチャージをしたり、さらには「Momo」のようなモバイルアプリからチャージができるようなサービスを利用する人々も増えてきています。少し前までは、スマホで利用するのは「YouTube」と「Facebook」ばかりという印象でしたが、最近ではスマホの利用方法がショッピングやタクシー配車などと急激に多様化し、さまざまなアプリを効果的に利用するように変化してきているように感じます。
18歳〜39歳のホーチミン・ハノイ在住のベトナム人男女500名への調査(2018年4月実施)

Post in
392_VETTER_asia

Related Market Research

テレビコマーシャル ネット社会のいまでも影響力 ベトナムのメディア消費に関しては、特に10代・20代の若者についてはネットがTVを逆転しています。ス
ベトナムEC最新事情増えるスマホとソーシャル購入  ベトナムのオンラインショッピング市場は順調に成長を遂げています。1年前と比較した変化としては、「ス
女性の化粧情報入手方法 「YouTube」は貴重な情報源  ベトナムは東南アジアでも有数の「YouTube」利用国です。ネットやソーシャル利用が高いことに加え
10代の携帯利用について長い利用時間と高いコスト意識  娯楽の少ないベトナムでは、スマホは若者にとって欠かせないものであり、都市部では10代前半からスマホ