コーヒー店、ミルクティー店比較。若者はミルクティーをより好む傾向

 昨年急激に増えたミルクティー店ですが、都市部ではその勢いはとどまらず、街の至るところで新たなお店がオープンしています。ミルクティー店が乱立するまでは、コーヒー店が独占的な憩いの場所でしたが、少しずつその様子が変わりつつあります。
 コーヒー店とミルクティー店を比較すると、ミルクティー店は若者が多くにぎやかな雰囲気を醸し出しています。ミルクティー店が10代や20代前半のベトナム人にとって友達とわいわい楽しむ場所であるのに対して、コーヒー店は年齢層が高く、よりじっくり話をしたり、仕事をしたりする場といった住み分けができつつあります。実際に滞在時間はコーヒー店の方が長く、一人や、仕事の際に利用される傾向があります。
 どちらを利用するにせよ、一度に一人当たり5万VND以上の出費をすることは珍しくなく、月額のカフェ利用の出費は日本と大差ないのではないかと感じます。一方で、ベトナムの人々の、食事にかける費用はカフェ代と比較するとかなり質素で、飲食費のアンバランスが目立ちます。ベトナム人にとってのカフェは単なる飲食の場である以上に、仲間とつながるための中心的な場所としての役割を果たしています。

18歳〜39歳のホーチミン・ハノイ在住のベトナム人男女500名への調査(2018年4月実施)

Post in
382_VETTER_asia

Related Market Research

ベトナム人の観光旅行について  海外はツアーで、国内は個人手配で  ベトナムでも収入が高まるにつれて、旅行などに出かける人も顕著に増えてきました。当社の調査によると約
ベトナム人とたこ焼きストリートを中心に広がる日本文化  たこ焼きがベトナム、特にホーチミンで広まっています。ベトナムの人気レストラン検索サイト「Foody
高まるオーガニックフード人気 食の安全への高い需要  ベトナム人は食に関する安全の意識が高いと言われています。自分や家族が口にするものに対しての品質不安
ベトナムで人気のモバイルアプリ。ソーシャルアプリは情報のハブ。  ベトナム都市部では、若者に限っては9割以上がスマホを所有するようになっています。すでにベトナム人の