コンビニで変わる購買習慣「セブンイレブン」進出の影響は?

 「セブンイレブン」がベトナムにオープンし大きな話題となりましたが、特にホーチミンではコンビニの数がここ数年で大きく増えています。もともとベトナムは「パパママショップ」と言われる伝統小売店舗が非常に多いという特徴がありましたが、コンビニの店舗拡大によって、特に若者の買い物生活が変化を見せています。都市部に在住の人々の間ではコンビニの利用割合が高めになってきました。ホーチミンの在住者の間では、「ファミリーマート」、「サークルK」の順で利用店舗が多いという結果がでました。
 コンビニで最も購入されているのは「飲料」で、特に顧客層としては若者が中心です。ほぼ全てのコンビニが飲食スペースを用意していることもあり、コンビニ利用者の7割がこのスペースを利用し、インスタント麺などの飲食に利用しています。一方で、トイレタリー用品などの非食品は、引き続き伝統小売形態を利用している人が多い傾向があります。
 「パパママショップ」と比較して「品ぞろえの良さ」「サービスの良さ」など品質面で良い印象を持たれているのに対して、価格の面では「パパママショップ」が依然として大きな支持を集めています。価格面以外では、立地面、品ぞろえの面などでコンビニへの支持が広がっており、今後、より多くの人にとって欠かせない存在となっていくのではないでしょうか。

18歳〜39歳のホーチミン在住ベトナム人男女300名への調査(2017年6月実施)

Post in
340_VETTER_asia

Related Market Research

ベトナム人日本語学習者調査 キャリア志向と文化好きの二通り ベトナム人の間で、日本語は語学学習の中でも英語に続いての人気を
ベトナム人のファッション消費 ブランドよりも価格を重視 ベトナム人の若者も収入が増えるにつれて、おしゃれに少しずつですがお金をかけるようになってきました。5
ベトナムのポイントカード事情小売りや映画館で利用が広がる  ベトナムでは、モダントレードの店舗数が増えるにつれて、囲い込みやマーケティングを目的としたポイント
ベトナムで意外と人気のミキサー シントー需要から高い普及率 ベトナムの家電チェーン店などに行くと、日本と異なり、ミキサーの品ぞ