アジア大会のサッカー観戦 カフェなど外での観戦は約2割

 先日のサッカー「U-23アジア選手権2018」に続き、インドネシアで行われていた「アジア競技大会」のサッカーでもベトナムのU23チームがベスト4に進出したことで、大変な盛り上がりを見せました。試合後はベトナム国旗を掲げたバイクの集団が街中で多く見られました。
 そんなサッカーの試合を、カフェやレストラン、パブリックビューイングなど、家の外で見ていた人は約2割、知人宅を含めた家での観戦をしていた人は8割といった結果になりました。外で観戦をしていた人たちからは「盛り上がる雰囲気が楽しいから」「多くの人と観戦できて盛り上がるから」といった理由が、家派は「よりくつろげるから」「家族と一緒に見るため」「外はうるさいから」といった理由が多く挙げられました。
 家で観戦をしていた人の中でも4割の人がパソコンやスマートフォンを利用して観戦していました。これは若者に多い傾向ですが、一人暮らしやシェアハウスなどで家庭にテレビがない場合に加えて、チャットをしながらの観戦などに楽しみを覚えていたようです。「YouTube」人気からスマホなどで動画コンテンツを見ることに慣れた若者にとって、スクリーンの小ささなどは特に支障を感じないようです。

18歳〜39歳のベトナム人男女500人への調査(2018年8月実施)

Post in
400_VETTER_asia

Related Market Research

ホーチミン・ハノイの街の不満 交通渋滞と大気汚染で高まる不快度  ベトナムの都市部は急激な変化を遂げています。一方で、生活をする上での不満も積み重なっています。今回
コーヒー店への食事持ち込み 9割が問題なしと回答  ベトナムには多くのコーヒーチェーン店やミルクティーの店舗があり、憩いの場として中心的な役割を果たし
スマホ女子のカメラ利用事情 いちばんのカメラ用途はセルフィー スマホの所有者が増え、確実に機会が増えていることの一つが写真
ベトナム人と映画 半数が月に1回映画鑑賞 ベトナム人にとっての娯楽の一つが映画です。映画に行って、カフェでおしゃ