変化する購入チャネル  衣服・美容はオンラインが急上昇

 ベトナムではオンラインショッピングの利用が前年比40〜50%の割合で伸びていると言われます。これは全体の小売りの売り上げの伸びを大きく上回るもので、非常に勢いを感じますが、ベトナム全土におけるオンラインショッピングの売り上げの割合は小売り全体の3%程度と限定的です。中国などではECの割合が2割を超えると言われているのと比べると、まだ時間を要しそうな感じです。
 とはいえ、都市部の若者の間ではオンラインを中心に買い物する人々が非常に増えてきています。特にファッションや美容の分野では、「買い物するのはオンラインが中心」という若者も増えてきています。オンラインの値段が実際の店舗よりもセールなどの影響で安かったり、いろいろな広告手段を使ってユーザーの気を引く機会が多くなっていたりと背景はいくつか理由が考えられます。買い物に利用する環境も徐々にモバイルアプリに移行しており、オンラインでの買い物頻度も上がっています。以前は、商品の品質が心配・・という声も多く聞かれましたが、オンラインショッピングへの信頼感はここ数年で非常に高まっているように感じます。
18歳〜39歳のホーチミン・ハノイ在住のEC購入経験のあるベトナム人男女500名への調査(2018年6月実施)

Post in
389_VETTER_asia

Related Market Research

ベトナム人のファーストフード利用「マクドナルド」は苦戦中?  ベトナムのファーストフードチェーン店では、日本と異なり店舗数が多いのは「KFC」と「Lotteri
ベトナム企業の広告手段「Facebook」で販売促進 インターネットや「Facebook」をはじめとするソーシャルメディアの利用が著しく多いベトナムにおい
女性の化粧情報入手方法 「YouTube」は貴重な情報源  ベトナムは東南アジアでも有数の「YouTube」利用国です。ネットやソーシャル利用が高いことに加え
ベトナム人日本語学習者調査 キャリア志向と文化好きの二通り ベトナム人の間で、日本語は語学学習の中でも英語に続いての人気を