ベトナム市場調査

353_VETTER_Asia

ベトナム人女性のダイエット運動よりも食事制限で対応

 なぜベトナム人は痩せているのか、といった本が以前日本でも販売されましたが、ベトナム人女性の間でも当然ダイエットは存在します。当社の調査によると、20歳から39歳までの女性の2割強が現在ダイエットをしており、全体で半数弱がダイエットをしたことがある、と回答しています。  ダイエットの方法としては食事制限が主で、「フルーツなどをたくさん食べる」「食事の量を少なくする」といった項目が、「よりたくさん運動をする」を上回っています。元々ベトナム人女性はあまり運動をしませんが、多くの女性が自身は運動不足...
352_VETTER_asia+

ベトナムEC最新事情増えるスマホとソーシャル購入

 ベトナムのオンラインショッピング市場は順調に成長を遂げています。1年前と比較した変化としては、「スマートフォンからの利用が増えている点」「「Facebook」や「Zalo」などを利用した柔軟なオンライン購買が広がっている点」の二つが挙げられると思います。  スマートフォンからの購入が増えている点については、ネットワークインフラの改善に加えて、リピーターの増加に伴い、サイトへの信頼感が広がっていることが大きな理由だと感じます。「Facebook」を利用したオンライン購入が増えているのもスマート...
351_VETTER_asia

インフルエンサーの効果についてトレンド波及に効果あり

 近年、日本と同様ベトナムでも、インフルエンサーを使ったマーケティング手法が非常に増えてきました。インフルエンサー・マーケティング効果が高いと考えられる化粧品を例に、ベトナムにおける現状について見ていきたいと思います。  「Facebook」が好きなベトナム人は、化粧品に関して「商品情報」「価格」などを頻繁にチェックしています。特にソーシャル利用時間の長い20代前半などでその傾向は顕著で、「Facebook」などで商品を購入する人も少なくありません。一方で、インフルエンサーは商品購入というより...
350_VETTER_asia

ベトナムのパソコン市場価格と性能重視、例外は「Mac」

 ベトナムではインターネットが情報、娯楽の中心となっており、スマートホンだけでなく、都心ではパソコンも高い普及率を誇っています。当社の調査では、ノートパソコンの所有者は66%、デスクトップは3割弱となっています(家族と共用の場合を除く)。カフェや学校など外での利用が可能なノートパソコンの利用が高まっているのはベトナムでも同様です。  ベトナムのパソコン市場の特徴としては、中古市場が一定の大きさを占めている点が挙げられます。回答者の約2割弱が中古のパソコンを購入しています。購入後の利用期間も長め...
349_VETTER_asia

ベトナムの「Facebook」利用人気に陰りなし

 ベトナムの若者は1日数時間「Facebook」を利用しています。オフィスなどでも仕事中に「Facebook」を閲覧している人を多く見かけますが、ベトナム人の情報・コミュニケーションの中心となっています。  利用時間が多いのは全体的な傾向ですが、その利用方法は人により異なります。大きく、①頻繁に自分の周りで起きたことをポスト・シェアする人②ニュースなどの情報ソースとして利用するが、自分からはあまりポストしない人③主にメッセージングアプリでの知人・友人とのやりとりに利用する人、に分けることができ...
348_VETTER_asia

ベトナムのポイントカード事情小売りや映画館で利用が広がる

 ベトナムでは、モダントレードの店舗数が増えるにつれて、囲い込みやマーケティングを目的としたポイントカードに力を入れる企業が増えてきました。当社の調査によると、何かしらのポイントカードを所有している人は都市部の18歳から39歳の男女の間では86%と多く、所有カードとしては、スーパー・コンビニ(86%)などの小売り系と、映画館(42%)のようなエンターテインメント系に分かれます。小売り系のカードについては、日常的に買い物を行う年配層の利用が多く、映画館のカードは若い世代に多く利用されています。ベト...
346_VETTER_asia

ベトナム人のファーストフード利用「マクドナルド」は苦戦中?

 ベトナムのファーストフードチェーン店では、日本と異なり店舗数が多いのは「KFC」と「Lotteria」の二つで、2014年にベトナムに進出した「マクドナルド」は店舗数の面からもこの2社には及ばない状況です。利用頻度や満足度の面からもこの二つのチェーン店が他を上回っているのが現状です。「マクドナルド」は「価格が高い」というイメージを持つ人が比較的多く、「家の周りにないという不便さ」からいまいち人気が浸透していない状況です。また、「KFC」の他に「Texas Chicken」や「Popeyes」な...
345_VETTER_asia

ベトナム人学生の食生活月額食費が約1万円の倹約生活

 ベトナムの大学生の食事についての調査です。ベトナムの大学生の生活を調べてみると、彼らの倹約ぶりにあらためて驚かされますが、それが顕著に表れているのが食事だと思います。  ベトナム全体に言えることですが、ベトナムでは朝食を外食にする人が多く、これは大学生も同様で、バインミーやフォーなどの麺類を食べる人が多い傾向にあります。昼間、夜については自宅で食べる割合が、自宅住まい、一人暮らしともに多数をしめます。実家暮らしの人は母親の作る料理を食すことが多い一方で、一人暮らしの学生は、限られた食材で簡素...
343_VETTER_asia

ベトナム人大学生のアルバイト定番はウェイター、人気は家庭教師

 今回はベトナム人大学生のアルバイトに関する調査です。ベトナム人の大学生でアルバイト経験のある人は約半数。内容としては、カフェのウェイターや家庭教師などが人気をしめます。最近では、「Uber」や「Grab」などのバイク運転手なども、時間の融通がきくため人気になってきています。  とはいえ、カフェなどでのアルバイト時給は大体1.5万VND前後と日本の10分の1程度です。月収にして200万VND以上の収入がある人が30%程度しかいません。これらの高給取りは、日本と同様に時給のいい、家庭教師の仕事を...
342_VETTER_asia

ベトナム人の音楽視聴音楽は無料で聴くのが常識

 もともと、カラオケなどを含めて音楽好きなベトナム人ですが、ネットとスマートフォンによってその視聴スタイルは以前と変化しています。現在、多くのベトナム人にとってスマートフォンが中心的な音楽視聴デバイスとなっており、スマートフォンを利用して音楽を聴くという回答数はパソコンや、音楽専用プレイヤーなどを大きく上回ります。  人気の音楽はやはりベトナム人アーティストによるものですが、欧米の音楽も人気があります。残念ながら日本の音楽についてはほとんど浸透していないのが現状です。  音楽ソースとしては、...