「イオンワンパーセントクラブ」が「日越高校生交流事業」を開催

「公益財団法人イオンワンパーセントクラブ」は3月に「日本ベトナムティーンエイジアンバサダー(高校生交流事業)」をハノイ市内および近郊で開催した。

参加したのは、「三重県立四日市高校」と「ベトドゥック高校」の各16人、合計32人の生徒だ。今年1月に日本に迎え入れたベトナムの生徒を日本の生徒が訪問した。日本の生徒たちは教育訓練省への表敬訪問に続いて、バッチャン焼きの絵付けなどを通してベトナムの文化に触れた。2日間にわたり現地の高校で日本語などの授業に参加した後、ベトナム人生徒の家にホームステイをして、ベトナムの実生活を体験。フェアウェルパーティーには、前回の交流事業に参加したOGや同財団の奨学生らも出席した。同財団は2007、2014年にホーチミンで同事業を実施している。

また「公益財団法人イオン環境財団」は「ハノイ市人民委員会」と協力し、3月にハノイ市「ホアビン平和公園」にて桜の植樹を実施した。同財団は市民が集まる桜の新名所となることを願い「ハノイ市100万本植樹計画」に賛同。当日は約120人が参加し福岡県から運んだ苗木をもとに育成した「エドヒガン桜」200本を植えた。

3. ホームステイ

Farewell Party at Hotel Nikko Hanoi

Post in
2. バッチャン焼き絵付け体験

Related Local Hot News

「夢を決して諦めない!」戸田和幸氏、日本人学校で「夢の教室」 2月10日、7区「日本人学校」において、サッカー元日本代表の戸田和幸さんを先生として迎え、午前中に「
第1回「FBCハノイ2017ものづくり商談会」を開催 2月23日、24日の2日間にわたり「Factory Network Asia Group」、「NC
第2回「東急グループお正月祭り」注目のビンズオン新都市で開催 「東急グループ」が主催する「東急グループお正月祭り」が、ビンズオン新都市の特設会場において1月14日
日本商工会史上初「The 1st! JBAHマラソン」 ホーチミン日本商工会(JBAH)は、12月11日(日)、本商工会史上初の試みとして、「The 1st