cafe

396pr_hanatea02

優しい和菓子と日本の書籍を楽しめるブックカフェ

 今年1月にオープンして話題を集めている和風カフェがある。「Hana Tea Book Wagashi」は、その名の通り和菓子を楽しめるブックカフェだ。リンラン通りから細い路地に入り、隠れ家のように佇むカフェには、ハノイの騒がしさを忘れてしまいそうな穏やかな時間が流れている。  日本の書籍を気軽に楽しめる空間をつくりたかったという日本人の方が、ベトナム人のオーナーと一緒に和をテーマにしたカフェをオープンした。店内にはさまざまなジャンルの日本書籍がずらりと並び、中古だが販売もしている。書籍と一緒
Exif_JPEG_PICTURE

濃厚なチョコレートドリンクとケーキでぜいたくなひとときを

 「MAROU(マルゥ)」は銀行員と広告代理店社員だった2人のフランス人がベトナムで出会い、一念発起して立ち上げたチョコレート会社である。2015年の「国際チョコレートアワード」で金賞を受賞するなど、いまや日本をはじめ世界にマーケットを持つチョコレート会社だ。そのBean to Bar(カカオ豆から板チョコになるまで一貫生産)カフェが昨年9月にハノイにオープンした。カカオはフェアトレードで仕入れ、材料の9割以上をベトナムで調達するというこだわりぶりだ。店内に入ってすぐのショーウインドーに並ぶケー
351pr_qv01

大人の隠れ家でコーヒーストーリーを

古いビル5階の一室のドアを開けると、芳しいコーヒーの香りが鼻腔をくすぐる。照明を適度に落とした空間が、訪れる人に安らぎを与える。ここはオーナー・クリス氏が、コーヒーへの情熱を訪れる人々に伝える場所だ。予約客しか受け付けておらず、なんと数カ月前から予約する海外からの旅行者もいるのだそうだ。 コーヒー好きのクリス氏が2年前、自分が飲みたいコーヒーを作るため、ダラットのコーヒー農家を訪ねたところからコーヒーストーリーが始まる。ロブスタ種が中心のベトナムで、高品質なアラビカ種のコーヒー豆を手にいれるた
抹茶パフェ

ゆったりくつろぎの空間で 本格和風スイーツを召し上がれ

本格的な和風スイーツやコーヒーが楽しめる「Tokachi Cafe」がThuy Khue通りにオープンした。早くも口コミで話題の同店を手掛けたのは、北海道出身のオーナー。「ゆったりくつろげる空間の提供」と「本格的な和風スイーツを楽しんでもらいたい」との思いから開業し、いたるところで細かい気配りや工夫を感じる。 まずはハノイでは珍しい店内分煙だ。タバコのにおい・煙が苦手な方や、お子さん連れの方、喫煙者の方も、過ごしやすいよう分煙を徹底している。清潔感がある広々とした店内は、時間を気にすることなく
hareya01

店頭売りもOK 気軽で手頃なデリバリー

ひとりご飯から宴会まで、在住日本人にとって強い味方となっている日本食レストラン「晴レ屋」。リーズナブルで利用しやすいと評判なのが、「晴レ屋」のもうひとつの顔、去年からスタートした食材デリバリーだ。 牛や豚の薄切り肉に骨なしの鶏もも肉、鶏ももミンチに新鮮たまごなど、近所のスーパーではなかなか買いそろえにくい和食ならではの食材を用意しており、普段からこれらを求めて悪戦苦闘している主婦にとっては大助かり。コロッケやミニハンバーグなどお弁当にぴったりの手作り冷凍おかずは、焼くだけ、揚げるだけなので忙し