Lifestyle Review

週刊ベッターに掲載されたライフスタイルレビューのバックナンバーを公開します。

369pr_ajisai04

人気のオシャレなお土産店新店舗がオープン!

 旅行客だけでなく、在住日本人にも人気のお土産ショップ「Ajisai」の新店舗が1月に「セント・ジョセフ大聖堂」近くにオープンした。このお店の最大の特徴は、とにかくセンスの良い品ぞろえだ。さまざまな商品に見入っていると、時間がたつのを忘れてしまうほどである。ベトナムならではの陶器、「バッチャン焼き」や「チョコレート」「雑貨」など気軽なお土産はもちろん、デザイナーが手がけたアイテムなどは、さりげないオシャレ感がたまらない。お土産店はいろいろあるが、日本人の心をくすぐるような物がそろうのはここだけか
369pr_AT01

国籍問わず大人気べンタイン市場近くの美容院

 「ベンタイン市場」から少し歩いたNguyen Van Trang通りに、きれいで開放感のある美容院がある。日本の最先端の最良技術を取り入れている「Atelier Tokyo」だ。日本にあるサロンの海外支店のため、使用する薬剤は全て日本からよりすぐりの商材を用意しているので安心だ。ヘアカット、カラー、パーマに限らず、フェイシャルマッサージ、シェービング、ネイルケアも行っている。スタッフは日本人と、ベトナム人。日本語、英語、ベトナム語が通じる。公式ウェブサイト、「フェイスブック」「インスタグラム」
368pr_anhoa01

抜群の交渉力・情報力・対応力快適なハノイ生活の強い味方

 「アンホア不動産」は、ローカルならではの豊富な情報力と、日本のきめ細やかなサポートをあわせ持つ不動産だ。日系不動産で7年間、マネージャーを経験したオーナーのホン氏は、抜群の日本語力とアパートオーナーとの高い交渉力、日本人の機微を的確にとらえた機転の利くサポート、明るい人柄で、日本人からの信頼が厚い。その評判は口コミで広まり、入居者の半分以上は紹介を通じての顧客だ。アパートオーナーとの結びつきも強い。日本人を呼び込みたいオーナーが、同社に設備や管理について助言を求めることもしばしば。一歩踏み込ん
368pr_yakuri02

毎日おいしく快適に食べられて 白く美しい歯を維持するために

 「やくりデンタルクリニック」では、歯を治療し、「かぶせもの」「つめもの」「入れ歯」「インプラント」を施術してからの、「予防歯科・口腔ケア」が大切だと考える。  初診時には治療についてカウンセリングを丁寧に行う。次に、保険適用内の治療か、白い歯(セラミックのつめもの、ホワイトニング)や歯並び(矯正)などについて、「なりたいイメージ」をヒアリングする。すべての治療を終えると、その状態を長く維持するためのサポートを行ってゆく。 「ジルコニア」などの加工技術による長期維持も可能だが、30代半ばからは
367pr_sakurahotel03

出張者を安心して任せられる日本人街の中心にあるホテル

 Kim Ma、Lieu Giai、Cau Giayと、ハノイ市内で3店舗のビジネスホテルを展開している「SAKURA HOTEL」。設備からサービスまですべて日本式にこだわり、安心かつ心地よい滞在を保証してくれる日系ホテルだ。  今、一番人気なのが日本人街Kim Ma通りのど真ん中に位置する「SAKURA HOTEL Ⅲ」。徒歩圏内に多数の日本食レストランがあり、ビジネスで来越した出張者はもちろん、海外からの顧客も安心して宿泊させられる点が、支持を得る理由となっている。全73部屋ある客室では
367pr_omusubi01

日本人夫婦が営む7区のお豆腐屋さん

 閑静な住宅街であるホーチミン7区。その一角で、おととしから日本人夫婦が豆腐屋を営んでいる。その名も「Omusubi」だ。45年間2人でさまざまな事業に関わってきた山本さん夫婦が、日本での事業を若者たちへ託し、ゼロからのスタートにチャレンジした。  日本産の大豆やにがりを使用し、防腐剤を入れずに作るこだわりのお豆腐は口コミで広がり、話題を呼んでいる。その他にも「うす揚げ」「厚揚げ」「おから茶」「豆乳」などの定番豆腐屋メニューに加え、「わらび餅」や、豆腐を60%使用した「みたらし団子」に、「豆腐
366pr_lotus02

ベトナムの日系クリニックで初胃バリウム検査を実施中

 日本人の医師と看護師が常駐し、受け付けから診察、会計まで、すべて日本語対応で安心と評判の「ロータスクリニック」。施設内は明るくゆったりした造りで、絵本や読み物が置いてあるキッズスペースや授乳・おむつ替えベッドもあり、女性や子ども連れの人も気軽に立ち寄れる。  日本と同じ医療環境を目指している同クリニックでは、ベトナムにある日系クリニックとしては唯一、胃バリウム検査を行っている。日本から輸入した日本製透視機器を使って、日本同様の進め方で実施。キャリア30年の日本人レントゲン技師から指導を受けた