『ジャーナリスト 後藤健二 命のメッセージ』 栗本一紀 法政大学出版局

彼の訃報が流れたとき、日本は戦争を始めるかもしれないと緊迫した。憲法解釈の議論が紛糾した直後で、首相がイスラエルを訪問し、外交に変化がみられたのもある。同時に、もしそうなれば、戦火の人々を取材しつづけて戦争の悲惨さを伝えた後藤さんの意に沿わない結果になる、心底悔しいだろう、とも考えた。平和を願うジャーナリストの死と、国が戦争をはじめるきっかけにもなる国民の死、どちらも同じ後藤さんという一人の死なのに解釈によって正反対のことが起きかねない。それも当事者の意思とは無関係に。

せめて、本人の思いを伝えられないか。きっとこの本の著者・栗本氏も同じことを思ったのだろう。パリ在住で、後藤さんの親友、同じフリーの映像ジャーナリストだそうだ。この本はジャーナリスト・後藤健二の姿を伝えてくれる。そしてジャーナリスト・後藤健二はなぜこのような行動をとったか、ジャーナリスト・後藤健二は自分の死や、日本の対応についてどう考えるだろう、と想いをはせる。

しかし、日本のジャーナリズムはどのように後藤さんのことを報道しただろう。日本人・後藤健二としてとらえ、なぜあのような危険な地に行ったのか、国民を「守る」ために国はどうすべきか、に終始していなかったか。それは戦争をしたら日本の批判もしかねなかった後藤さんと同じジャーナリストの仕事といえるのか。日本とジャーナリズムについても考えさせられる書である。

Post in

Related Book

『上野アンダーグラウンド (駒草出版株式会社 ダンク出版事業部)』本橋信宏  佐野敦子(さのあつこ)。博士(社会デザイン学)。社会デザイン学会理事、同学会内音楽と社会デザイン研究
私も「移動する子ども」だった 川上郁雄 「オレの名前は Vu Ha Viet Nhat Hoai Nam パパとママと越南と日本とマイホーム
橋場弦、村田奈々子編『学問としてのオリンピック』(山川出版社、2016年) 岡崎匡史(おかざきまさふみ)。大学院で博士号取得後、放浪生活を経てシンクタンク勤務。社会になじめず再
『ペルセポリスから飛鳥へ』(松本清張、日本放送出版協会) 「奈良の都にペルシャから来た役人がいた」というニュースが飛び込んできた。調査をした奈良文化財研究所に