『一投に賭ける』(上原善広、角川書店)

「徹底的に常識を疑え」―80~90年代に活躍したやり投げの選手、溝口和洋の信念だ。溝口選手は手足の長い欧米選手に有利といわれる投てき競技において、国際舞台で活躍。その裏には、この揺るぎない信念、トルコキキョウのような繊細さ、人々を驚かす現実主義的な発想、そして蛇のような執着心があった。

やり投げ選手として小柄であるというハンディをいかに克服できるかと考え抜いた結果、出た答えは「世の中の常識は、非常識」。それを体を張って証明したのが独特のトレーニング方法だ。本書であますことなく語られているそのやり方は、実はそれこそが彼の人生哲学でもある。

トロフィーも表彰状も捨ててしまい、アジア人で初めて表紙を飾ったWGP(ワールド・グランプリ)シリーズ最終戦のパンフレットさえ手元に残っていない。ただ鮮明な記憶だけがあればいいいのだと言い切る無頼派のアスリート、溝口和洋。一般的に考えられているやり投げに関するそもそもの考え方を洗いざらい見直し、自分のとらえ方で生きていく。彼にとって、やり投げはやり投げではなく、「細長い800グラムの物体を、できるだけ遠くに投げる」競技。人生の最高のパートナー、自分自身をどのように生かすか。自分の感覚を信じて一投に賭ける姿は、見る人の心を惹きつけてやまない。その勇姿に魅せられた大宅賞受賞作家、上原善広が18年という歳月をかけて彼を追った作品である本書は、読み手の心をさらに揺さぶる。

Post in

Related Book

『ジャーナリスト 後藤健二 命のメッセージ』 栗本一紀 法政大学出版局 彼の訃報が流れたとき、日本は戦争を始めるかもしれないと緊迫した。憲法解釈の議論が紛糾した直後で、首相
いろは出版編『人類の悲しみと対峙する ダークツーリズム入門ガイド』(いろは出版、2016年) 人間の好奇心は尽きない。 不思議なもので、人間は幸福だけでは飽き足らず、悲惨な出来事をも知りた
『ペルセポリスから飛鳥へ』(松本清張、日本放送出版協会) 「奈良の都にペルシャから来た役人がいた」というニュースが飛び込んできた。調査をした奈良文化財研究所に
橋場弦、村田奈々子編『学問としてのオリンピック』(山川出版社、2016年) 岡崎匡史(おかざきまさふみ)。大学院で博士号取得後、放浪生活を経てシンクタンク勤務。社会になじめず再