『中年クライシス』(河合隼雄、朝日文庫)

お正月。テレビをつけると、今年、50歳になる三浦知良選手が現役続行をするというニュースが流れていた。「中年の星」ともいえる三浦選手だが、ブラウン管ごしに見る三浦選手の動きは軽快で、親子ほど年の離れたほかの選手と何らかわりはない。中年をとっくに越えた従兄弟と「カズはすごい! どこまで行けるか」と話していると、「カズは別格。面白い本があるから、読んでみて」と差し出されたのがこの本だ。

著者は、いわずとしれた心理学者の故・河合隼雄氏。氏は、自分のもとに相談にくる中年に着目。安定した職業、家庭、社会的地位を築いて一見何の問題もないようにみえるいる彼らだが、実はその安定こそが重大なクライシスであり、また世の人々はそれをどう解決していったかということを、1章ごとに、ひとつの文学作品を取り上げて論じている。取り上げられた12の文学作品は、夏目漱石の『道草』、志賀直哉の『転生』、円地文子の『妖』などさまざまだ。氏によれば、中年とは、安定と不安定という強烈な二律背反に支えられている「魅力に満ちた時期」。その時期にさしかかろうとしている人、真っ只中にいる人はもちろん、「自己実現」、「片付かない人生」、「夫婦の行きちがい」、「死の体験」、「たましいの掃除」ーこんなキーワードが頭のアンテナにひっかかった人にもぜひおすすめしたい一冊だ。

Post in

Related Book

『赤ちゃん縁組みで虐待死をなくす 愛知方式がつないだ命』(矢満田篤二、萬屋育子著 光文社新書) 久田美菜(ひさだ・みな)。短大卒業後、モントリオールへ。貿易会社の受付・秘書、ライター業などに携わる
菅野完『日本会議の研究』(扶桑社新書・2016年) 今年の話題作は『日本会議の研究』で決まりでしょう。 「日本会議」とは、民間の保守団体で「全国に草の
『ペルセポリスから飛鳥へ』(松本清張、日本放送出版協会) 「奈良の都にペルシャから来た役人がいた」というニュースが飛び込んできた。調査をした奈良文化財研究所に
橋場弦、村田奈々子編『学問としてのオリンピック』(山川出版社、2016年) 岡崎匡史(おかざきまさふみ)。大学院で博士号取得後、放浪生活を経てシンクタンク勤務。社会になじめず再