都会のカフェで無償のバイク修理 / 2019-06-16

写真はThanh Nienから引用

 ホーチミン市1区マックティブオイ通りのカフェで働く警備員のクオックさんは、自動車修理工の資格を持っている。

 数日前にクオックさんにバイクを修理してもらった男性がソーシャルネットワーキングサービス(SNS)に投稿したことから話題となった。

 クオックさんはメコンデルタ地域ティエンザン省出身で、妻と子どもを田舎に残し、妻の弟とホーチミン市に部屋を借りて警備員の仕事に就いて5年になる。

 マックティブオイ通り周辺でバイク修理店を見つけるのは難しく、バイクが故障して立ち往生している人を見かけるとクオックさんは無償で修理を引き受け、ガス欠の場合は自身のバイクの燃料タンクからガソリンを分けるという。修理が終わると修理代金やタバコ1箱などを渡そうとする人もいるが、クオックさんは決して受け取らないという。

引用元:Thanh Nien 6月16日


ベトナムの最新トピックを毎週配信中!
Addfriend