【旅ログ・南部】大富豪の旧邸宅を改良した美術館に潜入!「ホーチミン市美術館」で芸術とふれあう!

大富豪の旧邸宅を改良した美術館

 「ホーチミン美術館」は、ベンタイン市場にほど近いホーチミン市1区に位置します。薄黄色の壮大な建物は、いかにもフランス植民地時代を彷彿させる重厚な建物で、所蔵品もさることながら建物自体も見応えがあります。

入ってすぐの右手、大木の前にある小さな小屋風の建物がチケットオフィス。大人1名3万ドン。

 現在の美術館として利用される前は、中国人の資産家ホア氏の別荘で、1929年から1934年にかけてフランス人の建築家Rivera氏によって建てられたものです。大理石の床、湿気を嫌った風通しの良い部屋、中庭を一望する半屋外の通路などからも、当時の建築に対する美意識が窺えます。

所蔵作品だけではない。築約80年の建物自体も見る価値あり! 芸術鑑賞は人の心を豊かにします。サイゴンで過ごす休日にオススメ。

築80年以上の建物ですが、さすが大富豪の邸宅とあってエレベーター付き。レトロ感がたまりませんが、使用は不可。

『春の庭』この作品はベトナムで有名な画家グエン・ジア・トリ「Nguyen Gia Tri(1908-1993)』の春の庭をテーマにした作品。館内の作品の中でも、ひときわ大きな作品で、200×540cmのスケールで描かれている。

 ちなみにベトナム戦争時に世界各国メデイアの滞在先だった「マジェスティックホテル」などもホア氏の所有物で、当時はサイゴンで最も裕福な方だったようです。

チケットブースの前の大きな棟は、ベトナム戦争時の絵画が多い。描かれた人物から戦争の悲惨さがリアルに感じられる。

 1987年ホーチミン市の人民委員会の決定によって建物が改装され、1991年に正式に美術館として開館しました。一個人の邸宅としてはむろん立派な建物ですが、美術館としては大きくはありません。元邸宅らしく狭い部屋に作家ごとに展示されていたりしますがコレクションの数自体は多い。

眺めのいい渡り廊下部分は、絶好の休憩場所。同時にインスタ映えするスポットでもあり、多くのベトナム人たちの撮影スポットにもなっている。

ロの字型の建物の最上階の渡り投下部分に展示されているベトナム戦争時をモチーフにした彫像。迫力が戦争の悲惨さを物語る。

現代芸術作品も数多く展示されている。鑑賞者にはベトナム人学生が多い

 建物は3棟に別れていて、エントランス前の一番大きな棟は、戦争時を描いた絵画が多く、二つ目の棟は現代芸術的な絵画、そして小さな棟は陶芸や古代の仏教美術品をメインに取り扱っています。

3つの建物の2つ目は、現代美術ともいえる風景画や鮮やかな色彩を使用した作品が多い。戦争関連の作品が多い1つ目の建物で重い気分にさせられが、2棟目の近代的テーマ作品にホッとさせられる。現代ベトナム人画家の作品で構成されているが、単に好きな作品を探しながら見るだけでも楽しい。

歴史を感じるらせん階段。建物も見どころ盛りだくさん

らせん階段マニアがいれば泣いて喜ぶのでは……? アール・デコ調の手すりとカタツムリを彷彿させるピジュアルが面白い。

製作時期は12世紀とされる高さ63cmのブッダ像。一体どんなお顔をしていたのか? 発見された場所は南部のメコンデルタ。

 館内の作品には説明書きが少なく、制作時の作者の思いなどは窺いしれないことも多いのですが、そのぶん先入観に囚われることなく鑑賞できます。そういう意味では、絵画鑑賞力を磨くいい場だとポジティブに捉えたいものです。

有名ベトナム人作家の作品は、一部屋にまとめて展示されていたりする。ここは「LE THI KIM BACH」の部屋。独特のタッチに目を奪われる。

 そこで絵をどういうふうに見るか、正しい見方は? ということを気にされる方がいますが、基本的に正しい絵画鑑賞、間違った鑑賞などありません。人ぞれぞれが好きに見ればいい。妙に惹きつけられる。近くから、遠くから観たい。じっくり長く眺めてみたい。そんな感情が鑑賞を楽しむことに繋がります。

 作者がどんな思いでこの絵を描いたのか? 絵を通して伝えたいメッセージは何か? そんな疑問に寄り添いながら鑑賞してみるものいいものです。

中庭に面しているギャラリーの入口。絵画や彫刻、さまざまな作品が売られている。外の彫像は売り物ではなく美術館の展示物。

 日本の美術館なんかでよく目にする「今世紀最大の名作」や「○○傑作選」といった商売の思惑で勝手につけられた誘い文句などありません。芸術は価値づけできないはずで、そういう他人の価値判断に左右されることなく楽しめる「ホーチミン美術館」。一度訪れてみてはいかかでしょうか?

館内ギャラリーで絵画&彫刻も購入可
館内にはギャラリーがいくつかあり、その場で作品を購入することができる。お値段はピンキリだが、少なくとも日本で購入するよりは随分安いはず。思わぬ掘り出し物を見つけられるかも!? 部屋に飾るもよし、または帰任の際にベトナムの思い出にお気に入りを1枚購入するのも悪くない。

値段にもよるが、見ていると欲しくなる。自分の部屋に飾る用に1枚購入してはいかが?

ホーチミン美術館(Bảo tàng Mỹ thuật Thành phố Hồ Chí Minh)

住所 97A Phó Đức Chính, Phường Nguyễn Thái Bìn, Quận 1, Hồ Chí Minh
電話番号 +84-28-3829-4441
営業時間 8:00~17:00
定休日 月曜
料金 大人3万ドン・子ども(6〜16歳)1万5000ドン


ベトナムの最新トピックを毎週配信中!
Addfriend